STAFF Recommend #60
伝統のニットブランド BATONERで冬をあたたかく

STAFF Recommend #60

11月も折り返しに入り益々寒さが増してきましたね。本格的にニットを楽しめる季節の到来です。 今回はニット特集第二弾といたしまして当店でのお取り扱いは今年で4年目になる、山形県で誕生したニットウェアブランド・BATONER(バトナー)から届いた今季の新作ニットアイテムをピックアップいたします。古くから受け継がれてきた伝統的な技術を用い、一着一着丁寧に仕上げられたニットたち。着てみると驚くほど上質な素材感と現在のトレンドを融合させたデザインは大人の女性にふさわしいアイテムばかりです。
すでにBATONERのニットを愛用されている方はもちろん、まだの方には今季よりその魅力を味わっていただければと思います。

●BATONER(バトナー)とは

小タイトル?

創業60余年、大手アパレルやメゾンブランドなどの製品を手がけている山形県寒河江市の「奥山メリヤス」によるファクトリーブランドです。古き良き"ニット"という製品・技術を新しい解釈で捉え、現代に受け継いでいくことを追求しています。BATONERが作り出す製品は原料手配から製品加工までの全行程が、日本有数の職人と編み機により高いレベルで管理されています。ファクトリーブランドだからこそ実現できるハイクオリティでいてお求めいただきやすいプライス感。そこに現代的なニュアンスが加わり、永く着用できる逸品として国内外のファッション賢者たちから愛されているブランドです。

●モヘアノルディックセーター

モヘアノルディックセーター

モヘアノルディックセーター

まず初めにご紹介するのは、BATONERの定番アイテムの一つであるモヘアノルディックセーターです。 胸元から背中・袖・裾に配されたノルディック模様が目を惹く一着。

モヘアノルディックセーター

ベビーアルパカ・キッドモヘヤ・ウールの天然素材のみで構成された糸で編まれています。3つの素材を太番手で紡ぎ出し、多本取り(2本以上の糸を一緒に編むこと)のため編み上がりの目にムラが生まれ立体感のある模様に。最後は洗い加工のみで生地を傷めることなく起毛させ、毛足の長いモヘアの特有の光沢感のある風合いを引き立たせています。

モヘアノルディックセーター

厳選された素材に加え、ミドルゲージで編まれたニットはふんわりと柔らかく、保温・保湿性にも優れています。ニット特有のチクチク感が苦手なスタッフでも、その温かさと肌触りを気に入った様子。

モヘアノルディックセーター

今年は、短め丈のクルーネックタイプと、タートルネックのチュニック丈をご用意しました。どちらも手首と裾のリブがやや厚めに編まれ、全体的に昨シーズンよりもしっかりとしたリブの締め付け感に。ざっくりと編まれてはいますが、度目(編み地の密度)が詰まっているため安心感抜群です。

モヘアノルディックセーター

モヘアノルディックセーター

柄が引き立つすっきりとしたクルーネックタイプは昨シーズンよりもやや丈の仕様が長くなりました。ゆったりとした身頃やアームホールでよりリラックスした着心地に。ユニセックスな雰囲気で、ブラウンの色は甘くなりすぎず洗練された佇まいに。

モヘアノルディックセーター

モヘアノルディックセーター

こちらはお尻まですっぽりと隠れるチュニックタイプ。裾に柄がない分、リブを長めにとって視覚的にスタイルよく仕上げています。 ほどよく肉厚な生地によって生まれる"まったり感"が表情豊かで可愛らしい。ワイドシルエットのボトムはもちろん、コンパクトなボトムとの相性も良さそうです。

モヘアノルディックセーター

タートルネックを伸ばしたりくるっと曲げたり、どちらでも雰囲気が変わった着こなしをお楽しみいただけます。こちらはアイボリーでナチュラルな雰囲気に。

掲載アイテムはこちら

●シグネチャーボトルネックプルオーバー

シグネチャーボトルネックプルオーバー

シグネチャーボトルネックプルオーバー

続いては、美しい畦目と着心地の良さが追及されたBATONERのシグネチャーシリーズより、ボトルネックタイプのご紹介です。ウールの中でも最高級と言われるスーパーファインメリノウールを独自の技法で撚糸し、特殊な機械で度詰に編まれています。そのため、着用時はふんわり柔らかく身体を包み、表面の肌触りは滑らかで見た目にも高級感があります。また、度目を詰めることにより畦目もくっきりと美しく、ピリング(繊維同士が絡み合ってできる毛玉など)が出来にくいという特徴があります。

シグネチャーボトルネックプルオーバー

さらに編み目を一つ一つ繋げるリンキング製法で身頃のゴロつきを抑え、身体の可動域を広げています。もちろん、着用時のストレスもかなり軽減されています。裾リブを排除して、一枚で主役になるように計算されたシルエットはBATONERならでは。細部にこだわりが散りばめられ、重厚感と高級感を感じることができるデザインになっています。

シグネチャーボトルネックプルオーバー

シグネチャーボトルネックプルオーバー

首回りが美しく見えるように配慮されたボトルネックや、BATONERの十八番とも言える胸の減らし目、裾の前後差をニットで実現する多彩なテクニックは同業他社も唸る職人技。

シグネチャーボトルネックプルオーバー

ニット特有のチクチク感は皆無で重ね着はもちろんながら、肌に直接触れても安心です。ボリュームもある程度はありますが、今年もオーバーサイズがトレンドなのでしっかりとカバーできる範囲ですね。

掲載アイテムはこちら

●カシミヤフォックスタートルチュニック

カシミヤフォックスタートルチュニック

最後にご紹介するのは、ほどよくリラックスした佇まいがとても魅力的なカシミヤとブルーフォックスをブレンドしたデザイン性の高いタートルネックチュニックです。

カシミヤフォックスタートルチュニック

良質なカシミヤならではのヌメリ感や保温性、光沢感を活かしながら、さらに高級素材であるブルーフォックスを配合し、暖かさと上品な質感を兼ね備えた至極の逸品です。カシミヤ山羊もブルーフォックスも寒い地域に暮らしており、主に製糸されるのはその産毛です。寒さから身体を守る大切な部分を彼らからお借りして、私たちの日々の暮らしに活かしてもらっています。

カシミヤフォックスタートルチュニック

ワイドからスリムまで、合わせるボトムを選ばない洗練されたリラックスシルエットは、細番手の糸をたくさん使用し野暮ったくない重厚感から生み出されています。畔目がしっかりと見えるリブ風の編み地で、デザインとボリュームのバランスをとっています。

カシミヤフォックスタートルチュニック

カシミヤフォックスタートルチュニック

包み込むように高めにデザインされた首回りも、女性らしい丸みを活かして表情をスッキリと上品に見せてくれます。また、長めにとられた手首のリブ部分はしっかり度目を詰めて編まれており、アーム部分にはまるで空気が入っているかのような自然な溜まりが生まれています。リブですっぽりと手を包むのも可愛らしく、親指を通すホールがアクセントになっています。

カシミヤフォックスタートルチュニック

ドロップショルダー×ワイドな身幅のオーバーサイズシルエットが、体の華奢さを強調。肌心地の良い上質な素材感とさりげなく取り入れられた洗練されたデザインは、大人のカジュアルに格を与えてくれます。この冬、ぜひワードローブに加えていただきたいオススメの一着です。

掲載アイテムはこちら

いかがでしたでしょうか。
ただいまAIDA ONLINE SHOPではLINE@会員様限定のニットWポイントフェアを開催中!
ぜひこの機会にニットアイテムをチェックしてみてくださいね。


その他のニットアイテムはこちら

【LINE@会員様限定】Wポイントフェアにつきましてはこちら

STAFF Recommend バックナンバー はこちら